業務支援システム導入のメリット

仕事をしている中で、こうすればスムーズなのに、効率アップするのにと思う事があるでしょう。例えば営業で契約を一つ取るとします。契約を取った後の社内での報告や必要書類をまとめる作業において、同じ項目を何度も入力しなければならないとなると手間がかかりますね。こういった手間を省いて、シンプルに一つのシステムに入力すればデータベースに登録できる上、管理や運用も可能になるという物があれば便利ではないでしょうか。それを可能にするのが業務支援システムという物です。それぞれの会社に合った内容で構築してくれるシステム会社もありますので、自分達の業務のここが大変に思っている等、普段感じている事や要望を伝え、相談してみましょう。可能な限りシンプルなステップで業務の管理が出来るようになるシステムを作成してくれます。継続して監視・サポートしてくれる所が多いので安心です。

中小企業の業務支援についてです。

中小企業の団結力は強いです。その中で、工業系の中小企業は、老舗が多いです。ですが、近年景気が悪くて、倒産する中小企業が多いです。首都圏は強い企業が多いですが、地方の中小企業は、業務支援を受けないと辛いです。支えあう力が大事です。それが支援に繋がります。支援を受ける事は何も悔しい事ではありません。むしろ、誇りに思ってください。助かった、ありがとうございますと思って、前向きにとらえましょう。企業も人も、協力し合って成り立つものでありますから。業務支援は、グローバル化され、大手企業にも免除されています。ますます企業体が上々することを願っています。支援を受けて、大企業に発展する企業もたくさんありますので切磋琢磨、一心不乱に働きましょう。業務支援は、企業を救ってくれるいい手段です。中小企業も特にそうです。

業務支援としてのIR活動

自分は地方の大学に事務職員として勤務していますが、最近IRという言葉が盛んに言われています。少子化が進行する中、いかにして入学志願者を確保していくかが重要な課題になっています。その際、大学の強みが何であるかを明らかにし、それをアピールする必要があります。大学の強みがわかるには、入試の人数、在学時の成績の動向、就職先などを総合的に分析する必要があります。大学には、こういったビッグデータがたくさんありますが、それぞれにひもづけられて分析されていませんので、せっかくの情報が活用されていない状況にあります。自分の大学でも、IRを扱う部署が設立されましたが、すでに10か月が経過しているにもかかわらず、その動きがはかばかしくありません。その体制を早急に整備し、大学の業務支援に活用することができるようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*